フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
渡米準備。スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

JUGEMテーマ:海外旅行 総合

 

0830-002.jpg

 

・・・と、まあ。そんなわけで。

 

デンバー(コロラド州)へ買い付けに行こうと思います。

 

モニュメントバレーの向こう側か。

グランドキャニオンへ戻るか?いや、セドナはどうする?

 

冬に行けなかったデスバレー近郊にも行きたいが・・・。

カレンさんにも会いたい。(アパッチ鉱山主の)

 

では、ネバダ州まで戻るのか・・・。

(−−;何千キロの旅にするつもりなんだ???(笑)

 

車は、どうする?エコノミーか、普通車か、それてもSUVか?

SUVは燃費が悪いので、長距離を走るのには向かない。

小型過ぎても、長距離走行はシンドイ。

 

どこからスタートすべきか。

何を求めるべきか。

 

飛び回るのか、走り回るのか。

 

時間は?距離は?高低差は?気温は?

グーグルマップを4時間飛び回り、いまだ結論でず。

 

日程は?航空会社は?ん〜〜〜。

 

明日までに決めて色々な手配を完了させなければいけません。

 

フォアテイルズフォックス

 

 

ターコイズ放浪記(USA) - -
ターコイズ放浪記第4弾 始動か?



クリスマスとかそういうの関係なく忙しい。
作る、考える、売る、仕入れる、考える。
その繰り返しで、昼も夜も。。。

そんな「大わらわなターコイズ屋」にお付き合いいただき、いつもブログもご覧いただきありがとうございます。

そして、水面下で昨晩からいろんな事が進行しすぎて、処理が間に合わずブログも書けませんでしたwww

実は、渡米・・・ツーソン計画と、クォーツサイト(ジェムショー)計画がなにげに進行中でして。
午前中から、英会話でUSAとやりとりしていたので、頭が日本からすっかり離れておりましてw

This is a pen !

はら、もう完全に英会話モード。。。スケジュール調整でジタバタしております。
自走するなら、国際運転免許の申請にもESTA登録も飛行機の手配もレンタカー手配もやらなきゃいけないのですから。

そして、いつからいつまで、どこからどこまで(ツーソンでもないw)走るのか?
ロイストン鉱山は、冬季で閉山中だが折角ならブルームーンやらホワイトバッファローの買い付けにも行きたいわけで。。。
ディーンさんとドナさんは居るだろうし。。。採掘できなくても面白いモノがたぶん見つかる気がします。

カレンダーとにらめっこ。お財布とにらめっこ。
あ。三千円しかないじゃん(笑)

もっと売り上げを伸ばさないと、「ん〜。」とか。
楽天市場「フォアテイルズ」の次のイベント「*****」の画像も作らないといけませんし。。。


こうしてまた、ノート片手に今宵もふけゆくわけです。

メリークリスマス!!!
みなさん。



フォアテイルズフォックス


戦え!!!
ネコの毛と・・・。




 
ターコイズ放浪記(USA) - -
フェザー&ターコイズカンパニー 2014 夏季(初秋)休暇日程  
JUGEMテーマ:海外旅行 総合

zansyo.jpg

暑い!!!です。



フェザー&ターコイズカンパニーの夏季(初秋)休暇の日程

休業日程:9月3日(午前)から13日まで(終日)となります。


楽天市場のショップですが、この間のご注文については、発送業務は行えません。(国内に不在という事で)

9月14日からは従来通りの営業となります。(なにもなければ・・・。)


・・・カテゴリが「ターコイズ放浪記」になっておりますが・・・
夏(秋)休みを兼ねてUSAを「ふらり」と放浪して参ります。
今回は、会社設立後6度目の訪米となります。


(生死をかけての?)行き当たりばったりっていうのが、面白いので
それもいいかとオモイマス・・・。

ジュラルミン製のスーツケースなので、万が一撃たれても大丈夫かもしれないのですが・・・。
アメリカですから・・・銃撃戦に巻き込まれたり、ハイジャックされ・・・。

あ、911をまたぐのですね!?もしかすると、危険極まりない日程かもですねー。(爆)
警備が物々しいんですよね・・・ロサンゼルス空港(LAX)。
空港内を、セグウェイでビュンビュン走り回る警官には、おお〜!カッコイイ!ぜ!!!と思いましたが。。。


現時点でリアルタイムのブログ投稿ができるか、まだよくわからないのですが・・・。
できそうなら、書きます。


※9月19日〜21日は、「ヨコハマ赤レンガ倉庫のミネラルショー」に出展の予定です。
ミッション鉱山 ジェムシリカ(ミックス クォーツ)、珪化ターコイズ等、多数ご用意する予定です。




fourtailsfox
ターコイズ放浪記(USA) - -
キャロライン(Carolyn)追悼
JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

2011年2月に渡米した時に、カリフォルニアの友人宅からテキサスの鉱山主の家を目指した。

ツーソン、セドナ、そして、そのままテキサスへターコイズ買い付けに。。。

carolyn1.jpg
キャロラインさんのご冥福をお祈りいたします。
そんな記事です。




過酷な・・・そうですね。無謀な冒険でもありました。
朝6:00 凍結した高速道路を100キロ(低速)でそのままスピン!
そんなアトラクションがいきなり始まるなんて予想もしていませんでしたね。
車で横に2回転したのは、後にも先にもあの時だけです。。。


幸い、前後200mくらいに車がいない場所だったのでエンストだけで済みました。
それどころか、私を抜いていったトレーラーが横転していたり、2台でスピンして
路肩に落ちている車など、数キロも違わない場所で5〜6台の事故車両をみる羽目になりました。
あの時は、運がイイって。イイネ・・・と、思ったものです。



もう、テキサスに入る頃には、この有様で。道路・・・この辺ですよね?的な雪に遭遇。
まあ、一面銀世界で。凍死というアリゾナの砂漠地帯では考えもつかない言葉がよぎりました。

この後の買い付けでは、デスバレー(死の谷)って、世界一暑くて危険なところへもいっちゃうんですね。
よく、考えると・・・「バカ」ですね(笑)


記念撮影・・・。一人旅なので、こんな時は道連れがいると寒い冗談も言えるのですが。。。


テキサスに着くと、そこはターコイズ天国!暖かく迎えてくれました。


Rabeccaさんの目玉焼きもうまかったです。黄身が大きい気がしたのですが、アメリカだからかな?


こうして、目的のターコイズをしこたま仕入れたら、帰路につくわけですが、、、
車が不調で、、、なんだかな〜。(スピンしたから、ですね。)

立ち往生していたら、ジムとレベッカが通りがかるんですね。これが。
(帰路を変更して、急遽クルマの修理に近くの街に向かっていたので偶然ってすげ〜なって思いましたよ)

朝別れたジムが、先導してレンタカーの修理工場へ。。。


空気圧は減っているものの、、、なんと、異常はありませんよ?って。
(^^;ウソぉ・・・。ガタガタ揺れてたよ?車体も。。。
空気入れてオシマイ。。。3分もかかりません。。。なんてことだ?

この時だったですね。
娘さんのキャロラインさんが容態が悪くて昏睡状態だったのが、危篤状態で病院に向かってたのを知ったのは。


これは!?と思いセドナのホーリークロス教会の水で洗った「ターコイズ」を持って病院についていったのでした。
分析データーなら、読めますからね。検査技師歴25年でしたから。
で。初めて会ったのは、昏睡というか、危篤状態のキャロラインでした。

もう、浮腫もひどくて手足もパンパンにむくみ、ありゃ〜ダメだって思いました。
もってあと1週間かな?ってドクターと話すと、彼女(女医さん)3日くらいだと私も思うと言ってました(英語でね)


そのホーリークロス教会の水で洗った「ターコイズ」です。
これをポケットに忍ばせて、すでに意識のない病室のキャロラインに触れて祈りました。
神様こんな時でアレ(急なお願い)なんですが、「これはなんとか、ならないものでしょうか?」と。


ま。そんな都合よく良い事など起こらないのが当たり前です。
ただ、その時は違ってましたね。


私は、その数日後にUSAを離れ、ターコイズと共に日本へ帰国しました。

でも、奇跡ってあるのかな〜って思うわけですが。

彼女がその日から1週間後には歩けるまでに回復しちゃったんですね。
晴天の霹靂。

なんだかわかんないんですけどね。
結果、次の時に、意識のある彼女に初めて会うわけです。


病院でみた人物とは、もう別人でビックリしましたよ。
だって、、、生きてるんですから。あのデータでは考えられません。

彼女も喜んでくれました。古くからの友人のように迎えてくれました。
「初めまして・・・w」でしたが。


そうでした。あの時は、帰りもセドナの教会に立ち寄り祈りを捧げてからカリフォルニアに戻りましたね。

carolyn1.jpg
also..Carolynn thought a lot of you and you were very special to her.(Jim)

Thank you Jim
and...Rebecca.

I'm
I'm so sad...

You and Carolyn had an interesting bond..connection freindship
....Not sure how it happened but was there..I could see it..!!(Jim)

I think so...
Jim, Rebecca...
I'm so sad today...

Someday...
I meet her. 
Over the rainbow...


Your friend Moto (fourtailsfox)


Carolyn  she begged for help from the doctors the day before she died and they did nothing to help her . She should not have died , I really died with her. She ask about you a lot and wished that you could come back she really cared for you  .  Your a great friend.. take care I will write more later about her...thanks again glad you are ok... love  Rebecca....

From Becky

そうですね。誰よりももう一度だけ、私が不意に彼女(USA)を訪れて、なにか奇跡が起きることを一番願ったのはキャロラインだったのかも知れませんね。この思えば短い期間でしたが、神様が彼女にくれたプラス3年の寿命を有意義に心安らかに優しくすごせたなら、それはとても幸せなことだと思います。

私も残された(誰しも)時間を生き抜かねばなりませんね。
人は、悲しみは乗り越えて生きていかないといけなせん。

今朝は朝7:00から仕事をはじめてます。(笑)
私が望まないことは、あなたも望まないはずです。

這ってでも前進!それがやるべきことですよね。

fourtailsfox in the morning 05/28/2014 Japan





 
ターコイズ放浪記(USA) - -
ターコイズを買い付けるまで・・・。
JUGEMテーマ:旅行
 
アメリカは広い。目的地は、アルバカーキー。

たまには、真面目に?ターコイズをUSAで仕入れるまでを書いてみますか・・・。



ロサンゼルス空港から、黄色いバスで数分のハーツレンタカーで車を借りて
ウインカーの代わりに?ワイパーを作動させつつ(@@;走り出す。

左ハンドル、電動シート、右側通行、マイル表示、GPSの使い方・・・いろんなことに瞬時に対応。
対応できないと、ワイパーが作動する羽目に(笑)

最初の20分が勝負だな・・・と、毎回思う。


レンタカーのカギは車についている。渡された番号の車に荷物を載せたら、ハイ!スタート!!!
レンタカーセンターの出口のゲートでチェック(伝票とパスポート・・・IDと呼ぶ)。

OK! GO!Have a nice day!!!(^−^)/

その瞬間からUSAドライブが始まる。。。

usa1.jpg

ロサンゼルスは、街なので渋滞もあるし4車線、6車線なんてあたりまえ。

ちゃんと行きたい方向がわかっていないと、分岐点で反対方向へ。。。なんて事もよくあるw

カーナビとはよく対立する。

高速に入ったと思ったら、左車線から出る用意をしなきゃいけないなんてことも。

いつも、真ん中くらいの車線をキープしてる。街を抜けるまでの1時間くらいが緊張するけど、

郊外へ抜けたら広い広い大地とどこまでも続く青い空が目の前に広がる。

usa2.jpg

カリフォルニアのJimとSherriの家により、そこから本気の旅がはじまる。

ロサンゼルスから2時間の距離。

セドナやモニュメントバレーで撮影しながらUSAドライブは、続く。

usa3.jpg

「ターコイズは、虹の足元に生まれる。」

大地から立ち上がる大きな虹をみるたびに思う。

あそこに、ターコイズがあるんぢゃないか???と。

馬に乗ったネイティブだったら、絶対にあの虹を追いかけているような気がする。

青い石を見つけたら、「 I got a blue stone!」なんて、叫ぶんだろうなw

USAにいると、適当な(あってないとは思うが)ルー大柴的な英語での会話が多い。

あれって、理にかなってるよなぁなんて思う。

ま。大筋が通じているようなので良しとする。

英語圏にいると言語が自然に切り替わる(思い出せない英単語がでてきたり)のが、不思議だ。

usa4.jpg

USAの壮大な風景の中を走っていると、ちっぽけな人生が嫌になる。

もっと人間らしく。いがみ合わずに、平和にのんびり生きたいなぁ。

走っている時間は、自分と向き合う時間でもある。広がる地平線に何を想う?

usa5.jpg

ナバホ族(Navajo)の人たちは、カメラで撮られるのがNO!なのでノーファインダー遠距離撮影。

露天でアクセサリーを売って生活しているが、トレーナーは着古して穴だらけ。

高価なターコイズなんてものは入手できないので、怪しいターコイズも多い。

Jimが言うことには、観光センターみたいなところでターコイズ製品(インディアン・ジュエリー)は

買ってはいけない。

ハウライトをトイレ洗浄剤のブルーで染めてある・・・だそうだ。

笑えない話だが・・・。アメリカのネイティブは貧しいのだそうだ。

ただ、こういうところでお金を落としていってあげるのも観光客の役目なんじゃないかな?

おばあちゃんがアクセサリーを売っていたので、話を聞くと「わたしゃ、売る専門だよ。」

「友人のナバホ族(Navajo)が、この商品を作ってるんだ。」

「カードも使えるよ(笑)」

・・・おばあちゃん、恐るべし・・・である。

無論、こんな何にもないような場所でカードなんか使わないが。。。

いくつかのアクセサリーと引き換えに現金を置いてくるw

こんな場所で買うアクセサリーは、石がどうとかじゃなくて、おばあちゃんとのやりとりが楽しい。

へんな英語を駆使する(苦使?)日本人の相手をしてくれるお駄賃みたいなものだ。

もちろん、交渉もする。

「これ、いくら?」

(^−^)「$10」

「じゃあ、これと、この2つでいくら?」

(^−^)「$20」

「じゃあ、これも足して3つ買うから、ディスカウントして。」

(^−^)「$30」

「・・・(^^;おそるべし(爆笑)」

OK!じゃあ、$40でもいいやwww


usa6.jpg

まあ、半ば観光なのでそれも良しとするw

$10は、おばあちゃんへのチップ。


ターコイズを仕入れる旅は、人生の旅でもあるわけで。。。

その時をどう楽しむかも、大事な時間の過ごし方だったりする。

ターコイズを求めて旅するわけなんだけど、そんな出会いが緊張している旅を和ませる。

もちろん、がっつり仕入れてくる。

これ、キングマンとウインターグリーン全部でいくら?

「Too much expensive!」

「そこは、友人なんだから安くしてよ。鉱山主でしょ?」

「$1200.00」

「もう少しなんとかなりませんかね〜(−−;」(とりあえず値切る)

「$1400.00」

「増えてるやん(^^;」

「OK! $700.00で、どう?(笑)」(たたく)

「(@@;Oh! my god!」

「じゃあ、$900.00にしよう。」

「ルームサービスを頼もう。Jim、1杯おごるからw」

ガソリン代もかかるからねェ。
アルバカーキーまで、ドライブを楽しんでいるだけ・・・ともいうが。

USAは、寄り道ロングドライブが楽しい。




ターコイズ放浪記(USA) - -
| 1/64 | >>