フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
ベース基地に鶏舎<天草大王>用を設置(案)、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

 

ということで。設計図を描いて数値化。適当に材木を切り組み立て。

 

0807-001.jpg

エンジ色が良かったのだが、赤しか売ってなかったので「赤」で。

 

0807-002.jpg

天草大王は、大きいので大型犬でも入れるくらいの鳥小屋に。。。狭いとストレスかな?と・・・。

 

0807-003.jpg

大きくなったら、お山に移住(寝る専用の小屋)、そんな話を知ってか知らずか。。。天草大王は、本日も元気!

 

0807-004.jpg

6月末。クロちゃんは真っクロ。キイロ、うずらも小さかった。

 

0807-005.jpg

 

イメージを描く。森の中のツリーハウス1号。(鶏舎)手前は、ダヴィンチ・ブリッジだ。(実用的ではないwww)

 

ちゃんとした橋も必要だ・・・。

 

地球屋フォアテイルズ

 

あれだね。移住してから「卵」を食べたいのでここまでやるのは大げさだが、これも成り行き。

天草大王は、卵から動いているのを見ているわけで、そりゃ可愛いさw

 

リードを付けて散歩するのが夢だ。

 

もしくは、肩にのせて散歩する!のもいいな。

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
ツリーハウス計画(天草大王)製作開始、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

美味しい新鮮なニワトリの生卵が食べたい。

・・・という、田舎暮らしのそれっぽいお話。

 

卵を産む鶏が、いると何が良いのか。それは、この新型コロナウイルスや原発事故や、地震、アベノマスク!などの災害が目まぐるしく襲い来るこの時代。

 

卵があれば、数日は困らない。いや、毎日産んでくれるなら、数年は困らない(笑)ということなのです。

そして、天草大王という日本で一番大きなニワトリという相棒。

 

それはそれで、面白いかと・・・。

 

で。なぜ?ツリーハウス(鶏舎)なのか?と言えば、雄鶏は早朝3時くらいから鳴くという話。

あの、「コケコッコー!」というあれだ。さすがに、ポツンと一軒家じゃないので、それは困る(笑)

 

では、雌鶏は、ログハウスの鶏舎、雄鶏は山のベースキャンプへ「ツリーハウス(鶏舎)」という事になる。

イメージでは、森の中のコテージ風に。そして、鶏のハウスなので、いくつか点在しソーラーライトで森に明かりが灯れば、、、

幻想的な光景が描けるのではないか?という、森もデザインの一部という壮大なアイデアだ。

 

天草大王は、育てば犬並みに大きいので、ある程度の敵ならば、安全だと思うのだ。

 

0804-001.jpg

なんとなくでサイズを決めて、製作開始。

体高80cmほどだと言うので、ドアをそのぐらいの大きさに。内部は120cmあれば、高さは大丈夫だろうと思う。

ツリーハウス(鶏舎)とはいえ、夜間寝る為だけのお家なので、守備力高めのハウスでいい。

 

そして、ツリーハウス(鶏舎)なので、地上からの襲撃は受けにくい作りにできる。

 

0804-002.jpg

本日は、半日かけて外観を作った。こんな感じ!という程度に。

屋根にべニアでも貼ろうか?と、考え中。板材では重い。波板も打つので、雨も大丈夫なはずだ。

 

冬場は、ヒーターを設置できるようにする予定。水力、風力、太陽光、バッテリー式、いろいろな方法はある。

 

0804-003.jpg

クロちゃん。顔がニワトリになってきた。(中雛)まだ生後37日目だ。

なんか、凛々しいw

 

0630-002.jpg

コレが、クロちゃんの30日前。モッフモフだった頃。

クロちゃんは、卵から孵化する動画が「ミューチャンネル」にアップされている。

動く卵から、このチビこいのが出てきて、もう、モンスターサイズになりつつある。。。

 

天草大王、凄いな。

 

0804-004.jpg

烏骨鶏も少しずつ、育っている。

キンちゃん、ギンちゃん、シロちゃん。

後から生まれたツートンに、ロクちゃん。

 

ちなみに、、、これは、キイロ(右)ひよこだった頃!?

 

うずら。(ニワトリだが)茶色の羽根に生え変わり、今ではほぼチャイロに。目の横のアイラインは、この頃からあった。

 

ニワトリは、懐くので、面白いし可愛い。雑草処理能力の高さ、虫やカエルなども一掃してくれる。

草がなくなるので、虫もいなくなり、(虫も食べるけど)、鶏糞で土地が肥える。

なるほど、農家にニワトリが居るのが理解できる。

 

地球屋フォアテイルズ

 

自給自足しようとしている訳ではない。目指してもいない。

 

ただ、ピザ窯ができ、井戸が再生され、猟師となり、イノシシやシカを狩ってお肉を取っているだけだ。

野菜は農家さんからいただくこともある。

卵は、、、(笑)

 

半、自給自足っぽい暮らし。に、なっているだけだ。

災害時に強そうな暮らしではある・・・。

 

備えよ常に。(ボーイスカウト)

 

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
烏骨鶏の孵化、26〜27日(7月/2020年)、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

昨夜から見張っていたのに、孵化が始まったのは翌朝の8時過ぎ。

 

烏骨鶏の孵化 16個中、停止卵2個、生誕3個、死誕1個

 

かなり、孵化率が低い。18%程度。(27日時点で)

 

0728-001.jpg

烏骨鶏(本日7/27孵化)

 

卵の大きさは、Sサイズ。

不思議なのは足の指の本数が、普通の鳥類よりも多い事。

さすが、不老不死の霊鳥。(中国)

 

烏骨(黒い骨)という名が示す通り、皮膚、内臓、骨に到るまで黒色である。羽毛は白と黒がある。成鳥でもヒヨコ同様に綿毛になっている。、中国では霊鳥として扱われ、不老不死の食材と呼ばれた歴史がある。実際、栄養学的に優れた組成を持ちまた美味であるため、現在でも一般的な鶏肉と比較して高価格で取引されている。また、卵も同様の理由により非常に人気が高く、産卵数も週に1個程度と少ないことから、一般的な鶏卵と比較して非常に高価であり、日本では1個500円前後が相場である。

 

日本にやってきたのは江戸時代である。 性格は非常に大人しく、寿命は10〜15年である。(ウィキペディアより抜粋)

 

地球屋フォアテイルズ

 

寿命ながっ!!!笑

 

 

 

ログハウス生活 - -
エリア4開放(1回デッキ付きの部屋)、ツリーハウス計画、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

昨日は、牛革のカードケースと、バングル制作をして、本日(16日)発送した。

ゆうパケットという発送方法を初めて開始。厚さは1〜3センチまで、1キロまで。

送料は300円とした。(袋代などの梱包材込み)この発送方法は、追跡が可能であるのでおススメなんだそうだ。

確かに、レターパックライト370円、レターパックプラスの520円よりもお得感はある。

 

・・・ま、事務処理は少し増えるんだが。

 

0716-004.jpg

デッキ部分は、慣れているが、この部屋には入れないようになっていた。

 

0716-003.jpg

ま、5分もすれば、中を歩き回り、後部の集卵・清掃口へ。

 

0716-002.jpg

明かり取りの窓もあるので、内部はかなり明るい。雨でも大丈夫。風も大丈夫。。。入り口を少し改良すればいいかと思う。

 

0716-001.jpg

で。どうやら、天草大王(キイロとクロ)は、オスのような気がする。成長がとても早い。。。

朝、鳴くようになったら近所迷惑になるので、移設か、移住(山の土地ベースキャンプ(愛称)へ)させればいいかと。。。

タヌキ、イタチ、ハクビシン、野犬、シカ、イノシシ、野ウサギやヘビなどが出る。

あ、あと、空からは、鷹、トンビなどの猛禽類や、カラスなどが狙う。

 

平置きの鶏舎は、下から掘られて狙われる。

どうしようかなぁ?と思っていたら、目についたのが「ツリーハウス」

 

木の上に、鶏舎を作ってしまえば・・・。

とりあえず、設計図を描いてみるか。

ベースキャンプに、木を見に行ってきた。胸の高さくらいに鶏舎を設置できれば守りやすい。

昼は、遊ばせて夕方は鶏舎へ・・・って感じでどうかな?と思っているが、ついでにこの地を開拓しなければならない。

 

それも、アリ・・・かな?

 

それにしても、ヒヨコの成長は早い。

羽根が延び、産毛が抜けて羽根に変わっていく。

ニワトリの成長って、、、何か月で大人になるのか???

 

 

地球屋フォアテイルズ

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
大雨予報の中、鶏舎を増築・・・。何故なら、烏骨鶏孵化を試みたから。。。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

大雨で、熊本県や長崎県が大変なことになっている。気象異常というのは人の手に余る。

そんな雨降りの中。。。

 

お向かいのお母さんが、娘が何が出来るのか毎日楽しみにして見ている・・・んだそうでwww

やっべ。おじさん、適当なモノ作れない!(笑)

 

ということで、鶏舎の増築に着手。図面のデザイン上は、現行の寝室とリビングの下に、もう一部屋ずつ追加。

さらに、全体の床をフラットに仕上げて、全体で10羽くらい収納できるようにしたい。

 

0702-004.jpg

これが増築前の鶏舎

 

0706-001.jpg

増築後の鶏舎

下に部屋を作るという、驚きの工法で処理。(笑)

 

空間は、「天草大王ルーム」よりも狭い。天草大王さまはデカいのだ。

 

0706-002.jpg

後方に開閉部を取り付けた。卵を搾取する!?為に。

お掃除もここから行う。横にも扉を付けるか悩んだが、アチコチ開くのでは、守備力が落ちる気がするので安心して寝られるように扉は後方のみとした。

 

0706-003.jpg

 

躯体を支える斜めの板があったので、そのままデザインに取り入れてみた。

色はベージュ色に塗ったが、最初は渋めのエンジ色で考えていた。ペンキが赤色しか売ってなかったので諦めたw消防署じゃあるまいし、赤は「ない」わ・・・。

 

0706-004.jpg

ロックを開けるとこのように開く。。。フラットな床なのでかなり広い。ギューギュー詰めなら20羽はいける!(かも)

 

ワラなどをいれてやるつもりでいる。気候をみながら手を加える予定だが、雨漏りが・・・。

安い床板の杉の板を使ったら、木の節から雨漏りがする。シリコンコーキングで埋めたりペンキを塗ったり。

継ぎ目から雨が下たるので、屋根を改良しなきゃいけないと思っている。

トタン板でも貼ろうかな?今週は大雨らしいので、天気をみて考えるとしよう。

 

なにより、ヒヨコ(天草大王)は、3羽無事に育っている。羽根に模様が出てきた。黒い子は控え目で大人しい真っ黒くてきれい。黄色の子は食欲旺盛。うずら模様の子は、好奇心旺盛。それぞれ、個性がでてきた。日に2回ほど部屋の中で開放してあげるとアチコチ突いて遊んでいる。

 

ミルワームを温めてやると、トンデモナイ勢いで食べる。一羽ずつ均等にピンセット(竹)であげている。食べ過ぎ防止だ。

 

0706-005.jpg

 

天草大王と一緒に温めていた「烏骨鶏孵化」は失敗。全滅だった。温度が高めの天草大王の孵化が悪かったか、輸送の揺れが影響したか。。。残念!(引き続き孵化器にいれて様子は見ている)

 

そこで、どうしても白い羽毛で黒い顔の↑ヒヨコが見たいので(卵も食べたい)有精卵を再び違う業者さんから仕入れた。輸送が飛行機なら、ここは、空港から30分の最適地にある。埼玉県から取り寄せた烏骨鶏↑の卵を10個、孵化を開始した。今回も検卵はしない。孵化率を下げない為だ。それでなくても孵化しなかったのだから。。。

 

概ね1個200円〜250円程度なので、有精卵とはいえ、めちゃくちゃ高価なわけではない。40%として、4羽ほど孵化してくれないかなぁ?と、思っている。

 

卵を食べるのなら、「ボリスブラウン」というニワトリが最適なんだそうだが、7年ほど生きるという烏骨鶏を選んだ。もちろん、ボリスブラウンは候補だ。だが、幸せの青い卵という、、、青い卵を産む「アローカナ」という鶏の存在を知ってしまった。そこは、ターコイズ屋。昔から、ククロビン「コマドリ」の卵の青い色には興味がある。ターコイズブルーの卵。。。

 

0706-006.jpg

 

烏骨鶏6個とアローカナ6個、セットで12個というヤフオの出品者さまがいた。ウコッケイとアローカナ。即決あり。。。悩んだが購入。孵化率40%、ニワトリのオスメスの比率は、、、50%、生存確率は、、、。

 

と色々、計算した結果。。。メスのニワトリを4〜5匹ゲットするのには、20〜25個の孵化が必要だと予想した。ウコッケイ6個全滅ガッカリ。。。温度を上げ過ぎたかも知れない。天草大王の孵化は、38度近い。烏骨鶏は36度から37度。この設定した温度差が影響したのかも知れない。

 

地球屋フォアテイルズ

 

罠を仕掛けに行かなきゃいけないのに、大雨。。。そして、大雨、さらに災害級の大雨!!(^^;

なんでやねん?

 

 

 

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
| 1/2 | >>