フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
3D プリンターでリング制作(試し)、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ジュエリーCAD

 

先日導入した E180(GEEETECH社)での出力。

パラメータの設定が手探り状態で、いまアレコレ試しています。

 

先日制作した カイヤナイト リングと比較して繊細な感じには仕上がっています。

STLデータ渡して、プロに原型を出力してもらった場合はもっとスムースな形に仕上がる気がします。

 

0616-001.jpg

手前、銀細工で作ったリング。これはこれで、いいんだろうけど。

彫金工具を使わないでPC内で想像した形が現実化する方が、その精度は高いと感じる。

市販のリングのほとんどがそうであるように・・・。

 

近年では、3D CAD(キャド)のソフトは 123D Design など無料のものもある。

ソフトが無料なので、ライノセラスのようなお高いCADソフトは買わなくていい。(趣味程度であれば)

 

3D プリンタも2万円代からと、普通の高級プリンタよりも安いものがすでに市場に出始めている。

 

将来、もしかするとお金のかかる「趣味の彫金」というものがなくなり、PCでの個人創作となる時代が来るかもしれない。

彫金には場所や工具が必要だが、PCと3Dプリンタ(なくてもデータだけ作れればよい。)で事足りる。

 

現実的にDMMが始めた DMM.make 3Dプリントは、「つくりたいもの」や「ほしいもの」を手軽に注文し造形が可能な3Dプリンター出力サービス。これなんか利用すれば、STLファイルさえ作れれば、なんでも作れる・・・ということになる。

 

それだけ自分でモノを作ることを始めた人も多い。ということだろう。

 

0616-002.jpg

CADは難しいというイメージも、薄れてきているのかもしれない。

フォトショなどの2Dに慣れた世代が、3Dに移行し始めたのかもしれない。

 

3Dの立体造形物は面白い。銀細工とはまた違った楽しみ方ができる。

そして、職人的な感とか、経験値もあんまり関係ない。(プリントのパラメータは自動ではないので詳細設定が必要)

 

そのうち、「彫金?プリントアウトすりゃいいじゃん?」って会話が聞かれる時代が来るのかもしれない。

 

0616-003.jpg

 

上の樹脂リング、折角プリントしたので。凹凸の修正をサーフェイス等できれいにできたら、キャスト(鋳造)に出してみようかと思う。このリング、元はライノセラスで作ったデザイン「3Dデータ」です。

 

それをEasy Printerという3Dソフトでスライス処理してプリントしたもの。(必須:3Dプリントにはこのスライス処理が必要)

3Dプリントというのは、積層プリントで、スライスしたその1枚1枚を下から上に向かってパラパラ漫画のように積み重ねて樹脂を溶かして描いていくもの。

 

200℃のプリンターヘッドから少しずつ溶けたPLA(プラスチック樹脂)を出力してFANで風をあてて固めながら1層ずつ仕上げていく。等高線(山などの地形)を思い浮かべていただければいいかと思う。アレを下から描いて積んでいく。それが3Dプリント。

 

この数日で、120ページほどのマニュアルを翻訳して勉強、あちこちのサイトから3Dプリントについて学んでいる。

 

パラメータをデフォルトでやったら、この始末w(左2つ)

 

ヘッド位置、FANの有無、温度、プリント時間、いろんな条件で手探り・・・。

なんでうまくいかないか?うまくいかない条件を探る。。。

 

右のは、1.5倍で出力してみた。最終的に1.1倍で落ち着いたが、それは、逆に言えばキャドで正確な大きさで

データーを作らなくても、ソフト上で何とでもなる・・・ということでした。

 

あとはプリンターの精度と、ソフトのパラメータ設定、ハードウェアの適切な設定が絡んでくる。

 

そして、半日後。

 

0616-001.jpg

積層の値、FANの有無(大事)、プリント時間、初期位置設定(台の平行キャリブレーション)、密度などパラメータを変更して何とかそれなりにプリントできた。(これがベストではないと思うが)

 

ターコイズを研磨(次のセールに向けて)しつつ、こんな作業も平行している。

ど、同時に「銀の青い羽根計画」も、色々試してデータを集めている。

 

フォアテイルズフォックス

 

い、忙しいぢゃん?(@@;

 

あ、ちなみに、このカイヤナイト リング(写真下)は、商品です。

11号、そのうち格安で売ると思います(笑)

 

撮影して、ページ作って・・・。(また今度だな・・・。)

 

 

 

 

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
シンプルなシルバーリング制作、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

今日は、石付きの「シンプルなリング」の作り方です。

細かいところ、酸処理(酸化膜を取る)や、重曹で中和、水洗、また「なます処理」はいつもの通りなので省略しています。

火をあてるー>酸処理、叩く、変形させるー>なまして柔らかくする。は、当たり前なので作業の流れで考えて実施してください。

 

それでは、今回は、シルバーリングの作り方を参考までに書いてみます。

バーナーはハンドバーナーでも十分です。(火加減は、バーナーとの距離で調節できます)

 

材料は3.5mm(幅)の銀甲丸線 55mmほど。(11号用に切る)

切る長さは、11号なので51mm※に円周率の3×板の厚みです。(誤差なので円周率など小数点以下は全部切り捨ててOK)

(※基準は10号が50mmなので、1号上がるとプラス1mm、下がるとマイナス1mm)

リングを作りながら、叩いて伸ばす、切って縮めるなどして調整。

 

最終的に11号に調整します。(だから、細かい数字は無意味)

 

石留め枠は5mm用の市販の石留め枠です。(コモキン)

 

では、、、

 

0615-002.jpg

切って、丸めて、切り口を整えてロウ付け、接合部がきれいに仕上がれば、つなげた場所がわからない程度にできます。

 

0615-003.jpg

サイズ棒、または芯金で丸くする(プラハンで叩く)円の内側と外側は曲げた時に差が出るので斜めになる。

刻印は曲げる前に打ち込んでおく。甲丸の金型(凹型)の上で打つ。

 

0615-004.jpg

ねじりながら、戻す。

 

0615-005.jpg

切り口が斜めなので、この部分は刀刃のヤスリでヤスる。(万力で固定)

 

0615-006.jpg

切り口が平らな方が、きれいに接続(ロウ付け)できる。

 

刀刃ヤスリがない場合は、一度簡易にロウ付けしてから、糸鋸で切り離し、もう一度同じ場所をロウ付けしてもよい。

切り口が平らになる・・・方がよいのだ。ま、そりゃねw

 

0615-007.jpg

ねじって、戻す。

 

0615-008.jpg

少し叩いて接合部に隙間ができなくなるようにする。

 

0615-009.jpg

接合部の周りをすべてブラシやハンドピースの粗めで擦り、酸化膜は取り除いておく。

この時にピッタリなら、ロウ付けでミスることはない。(はずw)

 

0615-010.jpg

フラックスを接合部に竹串などで塗り、内側(目立たないところ)に銀ロウ(3分)を置く。

ペーパーで余分なフラックスを吸い取る。(フラックスは、火をあてた時に酸化膜ができるのを防ぐもの)

 

0615-011.jpg

ロウ付けが終わったところ。リングは歪んでいる。楕円形を真円(正円、真ん丸)にする。

 

0615-012.jpg

丁寧に、一周。リングを抜き上下反対にして、もう一度丁寧に一周叩く。

 

0615-013.jpg

サイズを合わせる。大きすぎる場合は糸鋸で切り、もう一度ロウ付け。

1号大きい=1mm切る。0.5号大きいなら、0.5mm切る。

 

0615-014.jpg

今回は2本作っているので、同じものを2個作る。何度やっても同じようにできるまで何回も何百回も作る。(笑)

つまり、作り慣れることが大事かも知れない・・・。

 

0615-015.jpg

甲丸の両側をヤスる。これはお好みのデザインで。ヤスらなくても問題はない。これは好みの問題なので。

使うのは、中目(粗い)と油目)(細かい)の2本。ヤスリはいつもこの2本セットを使っている。

(精密ヤスリも)刀刃だけは中目のみ・・・。(リングの切り口専用なので)

 

0615-016.jpg

リングの面取り。内側の角は丸めておく。着け心地の良いリングを目指す!

ハンドピースで磨けば、リングだけなら完成。石枠をつけるので続く・・・。

 

0615-017.jpg

リングができたら、石枠を固定する。(両方のロウ付け部分は平らにヤスってある)

ズレないように「瞬間接着剤」で貼り付けて仮固定してから「からげ線」でちゃんと固定する。

 

0615-018.jpg

ロウ付け部分は上にする。竹串で・・・。

リング接続で・・・。

5分ロウは、、、で軽くおさえて・・・という手順で。

 

フラックスが多すぎると、時間がかかり、沸騰して銀ロウが飛んで逃げることもある。

丁度いい量だけのこす。

 

今回のようにロウが1個の場合は、最初にロウをおさえて炙り、銀ロウを固定してしまうと作業が気楽にできる。

 

0615-019.jpg

ロウ付けが終わったら、磨く。耐水ペーパーで処理しても良いし、ハンドピースのスパイラルホイール(黄、青、ピンク、緑の順)でかける。

 

0615-021.jpg

タンブラーがあるなら、その後これに「ポチャ!」(液体研磨剤+ステンレスピン)でピカピカに仕上がる。

タンブラーは、常に40分回している。(電源タイマーで)

 

0615-022.jpg

今回は、数年前に、ヨコハマ赤レンガ倉庫のジェムショーで仕入れたカイヤナイトがあったので、それらを使用。

あと、10個在庫があるので、気が向いたらまた作るかも知れない・・・。

 

バフがけ(機械)か、金属用の研磨剤で磨く(マイクロファイバータオル使用)光沢研磨。

(キザゲヘラで、水をつけてこするという彫金技法もある。)何をどう使うかは自由。

 

カイヤナイトを石留めして完成。石枠の石のあたる位置に糸鋸3/0で切り込みを入れてそれから曲げて石をかませてある。

カイヤナイトは、劈開性があるので過剰に占めてはいけない(割れる、欠ける)ピッタリ・サイズにすることが重要。

その為、石抑えに切れ込みをいれている。

 

カイヤナイト リング 11号(2本)完成です。

 

 

 

フォアテイルズフォックス

 

 

0615-023.jpg

リングが作れると、ペンダントも作れる。

切る、ロウ付けする、磨く。基本中の基本。

 

ロウ付けについては先日記載したのでそちらを参照して欲しい。

 

 

【切る】

 

切る!は、糸鋸。鋸刃は#3/0(厚み1mm以上)、#5/0(0.5mm以下)で使用。

ロウを溶かして固めたものを刃の滑りがよくなるように使っている。おまじないみたいなものだ(笑)

 

※ 紙コップに不要な誕生日やクリスマスで余ったロウソクを溶かして固める。

  冷蔵庫で冷やして固めたら、紙を外して使う。(ロウを少しだけ切るー>銀板を切る。)

 

切る!コツは、押さえ。下に引くときに切れるので、真っ直ぐ下に引くと効率がいい。

ちゃんと固定すること。材料が銀板に引っ掛かると「鋸刃」を折ってしまう。

 

サクサク切れると、腕がよくなったような気分になる。

切り終わりに力んで「糸鋸の鋸刃」を折ることが多いと思う(初心者あるある)

同じスピードで切り、最後の2ミリはゆっくりと。。。

 

直角、または鋭角に切る向きを変える場合は、同じ場所(角)で足踏み(上下運動のみ)させながら糸鋸の向きを変えてから板の向きをかえて真っ直ぐに切り進む。

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
ピアスの作り方。スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

JUGEMテーマ:ハンドメイドアクセサリー

 

sale-title-may01.jpg

明日からイベント(セール)です。

 

さて、本日はピアスを作る・・・というものです。

あんまり、ピアスって作らないのですが、、、まあ、このご時世作らなくても安いのが大量生産されて売ってますからね。

 

でも、コレ作るとなると・・・How?

 

ってことで。。。

 

ピアスは、耳に当たる表のパーツ、ピアス・ピン、そしてストッパーのキャッチという主に3つのパーで出来ています。

 

作るとなると、ピンやキャッチはアクセサリーパーツ屋で安く大量に購入することができます。

 

トップは、銀板を切るか、測った銀材の残りなどを溶かして作ることができます。

 

0523-001.jpg

 

トップのパーツに「第三の手」などを使ってピアス ピンをロウ付けして磨きます。

シルバーパーツの強度をあげる為に、キサゲ ヘラで擦り銀(ピン)を硬化させます。

 

石留めの小さなものをつければ、石を取り付けたり、シルバーパーツを下げるデザインもできます。

あとは、アレンジの問題で。好きな形を表現できます。

あまり、大きなものや重いものは使い勝手が悪いので要注意です。

そういう時は素材も見直すことでクリアできることもあります。(樹脂などの利用)

 

細かい作業が必要なので、ピンセットなども必要になります。

写真のものは全体を18KGP仕様(18金メッキ)にしたモノです。

 

モノを作る想像力と仕上がった時の楽しさ。そして、オリジナル(世界に1)という得体の知れない優越感?

いろんな楽しみ方ができると思います。

 

sale-title-may02.jpg

 

さて、本日の研磨は「■梅雨だ!水の石・空の石 ターコイズ タイムセール■」の準備

 

pie015a.jpgpie015b.jpg

ピーターサイト(ゴールド/ブルー) 1点

 

pie016a.jpgpie016b.jpg

ピーターサイト(ブルー) 1点

 

これら(天然石)も、明日からのセールにて販売予定です。

 

Pietersite:ピーターサイト
(テンペストストーン(嵐の石)


ピーターサイトは1962年にナミビアで、発見された比較的新しい石で発見者のシド・ピーターズが名前の由来です。クロシドライトアゲート(crocidolite agete)が正式な名称ですが、その模様の特徴的で、別名:テンペストストーン(嵐の石)とも呼ばれています。

 

この嵐の石のカラーは、嵐のような台風の風景を彷彿させる独特な模様をしています。地殻変動などで粉砕され細かくなったタイガーアイやホークスアイ、石英などが長い年月をかけて再結晶化したことで、繊維質のねじれにより生じる模様です。ブルーにイエローやレッドが混じりとても美しい光沢を放つ石です。石言葉は理想、目標の達成。パワーストーンとしての効果は、ヒーリング効果が高くこころにゆとりと安らぎを与える。迷いから新しい道への導いてくれる石と言われています。

 

 

フォアテイルズフォックス

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
スウェディッシュ ブルー スラグ グラス、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

swbg030a.jpg

swbg031a.jpgswbg032a.jpgswbg033a.jpgswbg034a.jpgswbg035a.jpgswbg036a.jpg

☆スウェディッシュ ブルー スラグ グラス

 

スウェーデンの古い鉄工場の跡地200-500年前から採掘されたガラス質のスラグで当時、鉄を精製する時にでるスラグ グラスで廃棄され地中に埋められていたもの。ダート(荒地)を散歩していた人が、ある時その1ピースを偶然見つけ、持ち帰り磨いたところナチュラルな美しい模様が出たので有名になり掘り出されるようになった。コバルト ブルーのガラスには特徴的な独特の模様がある。

 

産地: スウェーデン(USAツーソン仕入れ)

ナチュラル クラックあり

 

フォアテイルズフォックス

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
スウェディッシュ ブルー スラグ グラスのスライス、スカイストーン(空石)店、フォアテイルズ

 

スライスした「スウェディッシュブルースラググラス」の販売です。

 

0515-001.jpg

ナチュラル クラックのあるものもあります。

まあ、スウェーデンからUSAに空輸され、USAで買い付けて日本へ来たわけですから、、、

クラックが入っていても、いやそもそも500年ほど前の遺物なのだから・・・。

掘り返した時点でナチュラル クラックがあっても不思議じゃないと思うわけです。

 

では、スウェーデンで見つかったこのコバルト・ブルーのガラス達は、なんなのか???

と言いますと。。。

 

スウェーデンの古い鉄工場の跡地200-500年前から採掘されたガラス質のスラグで当時、鉄を精製する時にでるスラグ グラスで廃棄され地中に埋められていたもの。ダート(荒地)を散歩していた人が、ある時その1ピースを偶然見つけ、持ち帰り磨いたところナチュラルな美しい模様が出たので有名になり掘り出されるようになった。コバルト ブルーのガラスには特徴的な独特の模様がある。

 

産地: スウェーデン(USAツーソン仕入れ)

 

ナチュラル クラックあり

 

というシロモノです。ご興味のある方は、今宵ショップに上げておきますのでご購入ご検討くださいw

 

スカイストーン(空石)店

 

フォアテイルズフォックス

 

最近、妙な事件ばかり起きてますね。TOKIOのアレには驚きましたが、新潟の事件も犯人つかまってよかったですね。

あれは、当初から絶対に近所に犯人おるで!と推測してました。

 

そして、昨日なんですが、なんと我が家にも事件が飛び込んできました!?

 

封書で関東方面(と、しておきます)の警察署から依頼書が届いたんですよ。

「警察署の###課の担当##にご連絡ください。」的な(@@;こわっ!なに?なんなの?

 

日中、作業で電話に出られない私のせいなのですがwww(基本、防音対策にインナータイプのイヤホンしてますから)

 

警察から電話ください!なんて。。。ねぇ?

「な?何事が???」と思うじゃないですか。怪しげな犯罪の匂いが・・・。

 

今朝、その警察署にボスのボスが電話したところ詳細がわかり一安心でした。

 

概要は、こういう話です。(詳細は書きませんが)

 

とある電化製品を今年になってAmazonから取り寄せて買ったのですよ。私が。

Amazonの販売履歴には、大阪の住所がちゃんと記録されたわけですw

 

その同一商品がある犯罪に使われたわけなんですが、、、犯行に使われたそれは警察が押収したんですね。

で、その時期にその電化製品は、100点ほどAMAZONから全国で買われていて、我が家もその1つだった。

 

と、言うわけなんです。

 

手元にその商品はありますか?####を読んでください。それを確認したい。・・・というお話だったわけです。

もちろん、それが手元にない(警察が押収しているので)人が「犯人にほぼ確定」となるわけです。

 

そのリストアップされた100件ほどを電話や封書で全部しらみつぶしに「購入したのに製品を持っていない人物を」探している。ということだったのです。


特定されるのは、おそらく時間の問題ですよね。ニュースになるのかな?

コレか!!!コイツか!?的なw

 

0515-002.jpg

 

夜中のコンコン・・・は、お前が犯ニャンだろ?

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
| 1/229 | >>