フォアテイルズの屋根裏工房へようこそ。
アメリカ旅行記や制作記録などを綴っております。
ロイストン鉱山にてターコイズを採掘してきました。

フォアテイルズ カート店 
https://cart.st/store/fourtails_shop
スカイストーン(空石)店
http://skystonejp.com/
フォアテイルズ Creema店
https://www.creema.jp/c/fourtailsfox
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
無線免許状(アマチュア無線4級)のコールサイン、ハヤライトオパール原石研磨依頼、地球屋フォアテイルズ

 

久しぶりの天然石屋話です。。。

 

ハヤライトオパールの原石研磨依頼が来ていましたが、なかなか難しいんです。コレ。

凹凸があるオパールなので、最大値をどう削りだすか。。。割れたらダメ。穴あきでもダメ。

 

以前、鉱山主のダニエルさんに、これをカボションにしたいと告げると、目を見開いて驚いた顔で、「無理だ」と言って笑った。

ハヤライトオパールは、玉滴石とも呼ばれ、粒状の雫がブドウの房のように塊を形成しているような石。そのため、空砲やクラックを含むものが大部分でそこから「カボション」を削りだすのは、苦難の技・・・ということらしい。

 

ブラックライトを当てると黄緑色に蛍光発色するという特徴がある。
発見者、ミュラー・フォン・ライヒェンシュタインの名前からミュラーのガラスとも
呼ばれます。(Muller's glass)

 

それで、原石のまま売る事が普通なんだけど。

まあ、そんなことは知らないよなぁ・・・。

で、カボションに研磨せよ!という宿題(笑)

 

時々、腕によりをかけてカボションに研磨しちゃったりするもんだから、できると思っている方も少なくないと思うがそう簡単な話ではないのですよ。コレが。。。で、上から下から斜めからどう切ればよいか、どう削ればカボションに出来そうか、、、悩むこと数週間。。。

 

0709-002.jpg

やれば、できる子

難しいのは、運の使い道。こればかりは、運が良くないと形にならない事もある。ギリギリまで削って凹凸をなくす。運が悪いと穴が開いていたりする。それは、もう、カボションにならない。

 

0709-003.jpg

 

時間のかかるモノは、悩んでいるのだとご理解いただければ幸いですw

なにせ、一発勝負!気合も大事なのです。

 

ご依頼ありがとうございました。7/9の発送となりまする。

 

地球屋フォアテイルズ

 

0709-001.jpg

 

覚えやすいコールサインだった。QCG(キューシージー)

 

そもそも、QCってクオリティ コントロールの略で使われる単語。つまり品質管理。

Gは、グループ(集団とか集合体)の意味がある。クオリティコントロールグループ。品質管理グループ。

だから、この単語は、とても覚えやすいのです。

 

天草大王(ニワトリ)羽根に色が出始め、尾羽が生えてきました。

寝床の発泡スチロールの上に飛び上がって縁に飛び乗ったり、つついて穴を開けたり。自由奔放です。

朝と晩、15分ほど自由時間で、室内放牧。

今のところ、元気です。

 

烏骨鶏とアローカナの有精卵を孵化開始しています。7/26日〜27日にすべて孵化予定。

烏骨鶏が10個+6個、アローカナ(青い卵を産む)が、6個。

前回の6個は孵化せず。(おそらく、孵化温度が高めだったからか?天草大王は、37〜38度と普通のニワトリよりも高め設定)

天草大王は、3/6個が孵化。今回、22個を培養しているがこの確率でも11羽の孵化予定。

 

11羽、、、多すぎない?

 

いえいえ、すべてが育つとは限らないのですし。

前回の烏骨鶏が0/6個で、孵化なし!という結果からも、予想はできないというのが現状です。

 

孵化しないと、次はまた20日かかってしまう。この20日ふ卵器の管理がなかなかたいへん。湿度と温度を常に気にしています。

 

 

 

 

 

 

パワーストーン・天然石 - -
大雨予報の中、鶏舎を増築・・・。何故なら、烏骨鶏孵化を試みたから。。。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

大雨で、熊本県や長崎県が大変なことになっている。気象異常というのは人の手に余る。

そんな雨降りの中。。。

 

お向かいのお母さんが、娘が何が出来るのか毎日楽しみにして見ている・・・んだそうでwww

やっべ。おじさん、適当なモノ作れない!(笑)

 

ということで、鶏舎の増築に着手。図面のデザイン上は、現行の寝室とリビングの下に、もう一部屋ずつ追加。

さらに、全体の床をフラットに仕上げて、全体で10羽くらい収納できるようにしたい。

 

0702-004.jpg

これが増築前の鶏舎

 

0706-001.jpg

増築後の鶏舎

下に部屋を作るという、驚きの工法で処理。(笑)

 

空間は、「天草大王ルーム」よりも狭い。天草大王さまはデカいのだ。

 

0706-002.jpg

後方に開閉部を取り付けた。卵を搾取する!?為に。

お掃除もここから行う。横にも扉を付けるか悩んだが、アチコチ開くのでは、守備力が落ちる気がするので安心して寝られるように扉は後方のみとした。

 

0706-003.jpg

 

躯体を支える斜めの板があったので、そのままデザインに取り入れてみた。

色はベージュ色に塗ったが、最初は渋めのエンジ色で考えていた。ペンキが赤色しか売ってなかったので諦めたw消防署じゃあるまいし、赤は「ない」わ・・・。

 

0706-004.jpg

ロックを開けるとこのように開く。。。フラットな床なのでかなり広い。ギューギュー詰めなら20羽はいける!(かも)

 

ワラなどをいれてやるつもりでいる。気候をみながら手を加える予定だが、雨漏りが・・・。

安い床板の杉の板を使ったら、木の節から雨漏りがする。シリコンコーキングで埋めたりペンキを塗ったり。

継ぎ目から雨が下たるので、屋根を改良しなきゃいけないと思っている。

トタン板でも貼ろうかな?今週は大雨らしいので、天気をみて考えるとしよう。

 

なにより、ヒヨコ(天草大王)は、3羽無事に育っている。羽根に模様が出てきた。黒い子は控え目で大人しい真っ黒くてきれい。黄色の子は食欲旺盛。うずら模様の子は、好奇心旺盛。それぞれ、個性がでてきた。日に2回ほど部屋の中で開放してあげるとアチコチ突いて遊んでいる。

 

ミルワームを温めてやると、トンデモナイ勢いで食べる。一羽ずつ均等にピンセット(竹)であげている。食べ過ぎ防止だ。

 

0706-005.jpg

 

天草大王と一緒に温めていた「烏骨鶏孵化」は失敗。全滅だった。温度が高めの天草大王の孵化が悪かったか、輸送の揺れが影響したか。。。残念!(引き続き孵化器にいれて様子は見ている)

 

そこで、どうしても白い羽毛で黒い顔の↑ヒヨコが見たいので(卵も食べたい)有精卵を再び違う業者さんから仕入れた。輸送が飛行機なら、ここは、空港から30分の最適地にある。埼玉県から取り寄せた烏骨鶏↑の卵を10個、孵化を開始した。今回も検卵はしない。孵化率を下げない為だ。それでなくても孵化しなかったのだから。。。

 

概ね1個200円〜250円程度なので、有精卵とはいえ、めちゃくちゃ高価なわけではない。40%として、4羽ほど孵化してくれないかなぁ?と、思っている。

 

卵を食べるのなら、「ボリスブラウン」というニワトリが最適なんだそうだが、7年ほど生きるという烏骨鶏を選んだ。もちろん、ボリスブラウンは候補だ。だが、幸せの青い卵という、、、青い卵を産む「アローカナ」という鶏の存在を知ってしまった。そこは、ターコイズ屋。昔から、ククロビン「コマドリ」の卵の青い色には興味がある。ターコイズブルーの卵。。。

 

0706-006.jpg

 

烏骨鶏6個とアローカナ6個、セットで12個というヤフオの出品者さまがいた。ウコッケイとアローカナ。即決あり。。。悩んだが購入。孵化率40%、ニワトリのオスメスの比率は、、、50%、生存確率は、、、。

 

と色々、計算した結果。。。メスのニワトリを4〜5匹ゲットするのには、20〜25個の孵化が必要だと予想した。ウコッケイ6個全滅ガッカリ。。。温度を上げ過ぎたかも知れない。天草大王の孵化は、38度近い。烏骨鶏は36度から37度。この設定した温度差が影響したのかも知れない。

 

地球屋フォアテイルズ

 

罠を仕掛けに行かなきゃいけないのに、大雨。。。そして、大雨、さらに災害級の大雨!!(^^;

なんでやねん?

 

 

 

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
キチンとチキン!JUKIの工業用ミシンを導入。フワフワ烏骨鶏は、明日3日に孵化予定。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

カテゴリー「ひとやすみ」って、、、ずっと休みな気がするwww

新型コロナウイルスの影響で、なんだか仕事にならないねー。

 

・・・ってことで。

 

0702-001.jpg

天草大王さま、3匹 人懐こいのは、クロちゃん。警戒心が強いのは、金色のキンちゃん。好奇心旺盛なブラウンのブラちゃん。

チキンラーメンにチキンと、、、キチンと入るチキン達。

 

0702-002.jpg

会長と初対面。のチキン代表のブラちゃん。

「かいちょー、モフモフだピヨ!」

「お前もな・・・。てか、のるなニャ・・・。」

 

0702-003.jpg

JUKIの工業用ミシンが納品されました。さて、、、使いこなせるのか?

それは、わかりませぬwww

 

0702-004.jpg

天草大王の鶏舎が完成。リビングと個室3部屋。

まだ、メスがいるのかわからないが、、、卵を取るためのバックドアを完備。

オスだったら、、、山に放鳥か???(笑)

 

雄鶏は、朝の3時くらいから鳴くらしい・・・。

それは困るw

 

その時が来たら、山に別荘<鶏舎>を作ってやろうと思う。幸い土地は沢山ある。

 

0702-005.jpg

 

雑草を処理しつつ移動させる予定。中雛くらいになったら夏だろうから、こちらに移住してもらう予定だ。

 

地球屋フォアテイルズ

 

天草大王 ナンバーフォー。卵からうまく出れなかった子。

足が立たない。お風呂でお湯できれいにしてあげたものの、このまま歩けないとすると生き残れる可能性はない。

エサを自力で食べることが出来なければ衰弱してしまう。いまは、水とエサをスポイトで与えているが、皆より一回り小さくというか、他の3匹がすくすく成長しているので、その差がひらいている。

 

どうなるか、どこまで介入して育てるのか。

難しい問題でもある。。。

 

タマゴが動く動画は「クロちゃん」が生まれる前だ。

黒い天草大王。。。天草大魔王は、、、クロちゃんか???

性別はわからないので、まだ何とも言えないwww

 

 

 

ひとやすみ - -
天然石を研磨している場合じゃない!?天草大王と鶏舎の新築が急務?、地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

そもそも、事の始まりは「鶏の卵」が毎日食べれたらいいな・・・。です。

ヤフオクで、落札したのは「天草大王」さま6個。

 

ふ卵器で孵卵して、4匹が生まれて、1匹が卵からうまく出れなくて「瀕死」の状態に。。。

 

0701-002.jpg

1匹だけ、スポンジに足を固定して2日目の夜です。(手前の子)

水とエサは届く場所に置いている。明日お風呂で洗ってあげよう。たぶん、、、温浴で卵膜の残りは取れる気がする。

あとは、この子の体力次第かな・・・。何もしないという選択肢もあるが、そうでない全知識と全力をもって事にあたるというのも一つの手段。。。

 

0701-003.jpg

兄弟は心配そうに突いたり、のっかったり・・・やめれ!(^^;クロちゃん!乗らないで。

まあ、温めてあげていると思えばそうなのかもしれない。。。

 

エサをあげたり、水をあげたり。。。ミュー会長と同じだな・・・。と、苦笑いwww

 

生き物係は大変である。

 

0701-001.jpg

天草大王さなは、LLサイズの2個がまだ孵化していない。動いているようないないような。。。もうしばらく観察だ。

烏骨鶏は、day19あと2日で生まれる予定。どうなんだろう???

今のところは、何も動きがない。殻を割るような音もない。鳴き声もまだない。卵も動いていない。

心配だが、ここはジッと我慢。温度と湿度の管理に神経をかたむけていいる。

 

で。現実問題として、、、天草大王ちゃんが、3匹育つとして、、、部屋の中というわけにはいかないw

猫じゃないんだから、、、。いや、猫がいいなら、ニワトリもアリなのか?

 

猫の2倍のサイズのニワトリ。(無理だなwww)

 

・・・というわけで、庭にニワトリ用のログハウスを建設。(予定)

 

 

0701-004.jpg

 

 

左右に明り取りの「窓」太陽光による街灯を設置予定。

 

地球屋フォアテイルズ

 

木曜日に「工業用ミシン」が来る・・・。

使いこなせるのか?

 

 

 

 

 

 

ログハウス生活 - -
天草大王が孵化しました。地球屋フォアテイルズ

JUGEMテーマ:田舎暮らし

 

昨晩から今朝にかけて、ぴよぴよが、、、。

 

0630-001.jpg

天草大王(有精卵から孵化)

 

0630-002.jpg

金色、茶色、黒色。3匹は元気にヒヨコに。

茶色か金色っぽい子が、1匹殻がうまく割れなくて体力切れっぽかったので、ピンセットで助け出した。

お湯で洗い、きれいにして乾かして・・・。

日中様子を見ていたが、ペタっとしたまま。死んでいるわけでもないが、立ち上がれないらしい。

 

稀に、そういう子もいるらしいので、スポンジにハメてマスキングテープで巻いて固定してやった。その際に、右の羽根が胴体と卵膜で付着しているようだったので、お湯で剥がしてやった。

 

両方の羽根も動くようになり、スポンジに乗っているので、他の兄弟につつかれたり、踏まれなくなって一安心。明日か明後日までこのまま、水やりとエサやりの予定。ダメな時はダメ。そういうものだが、助けることができるのなら助ける。

 

地球屋フォアテイルズ

 

0630-003.jpg

天草大王の卵は、2個。LLサイズの子たち。生まれないかなぁ?特大サイズのヒヨコ。。。

30日で、「フワフワ烏骨鶏」の卵も、転卵停止。育成箱に移動しました。

 

1個検卵したら、中身が育っていない。これは培養・・・いや、孵化から外して処分。他の卵は、中は真っ黒(光を通さない)つまり、ヒヨコが育っている・・・はず(笑)

 

二回りくらい小さいのが烏骨鶏の卵。5個の内いくつ孵るか。。。

予定では、7月3日(金尿日)が孵化の予定日。

 

天草大王は、元気な子が3匹。

フワフワ烏骨鶏は、何匹生まれるのか?

 

育成箱での温度管理は2週間ほど。。。数日のズレくらい何とかなる。烏骨鶏のタイミングに合わせればいいだけだ。

 

中雛用に鶏舎が必要だったので、製図して設計。

おおざっぱな大きさを決め、制作に入る。

 

雑草を食べてもらうのと、卵を産んでもらう為の場所を早急に作らなければ。。。

 

工業ミシンが木曜日7/2に届く予定。糸は今治のミシン屋に預けてきた。針も革用のモノ。

猟師の方は、銃所持許可がでて、弾の購入許可もでた。

害獣駆除(市役所)に登録され本日6/30から、害獣駆除隊員になった。だから、罠も仕掛けなきゃいけないのだが。

日中は、ヒヨコのお世話と法人市民税の納付で銀行や市役所巡り。

毎週毎週、ガソリンを入れている。それだけ、アチコチ走り回っているということだ。

 

今日は、通りがかりの「刀鍛冶」という職業のお兄さんに出会った。また、面白いことが始まりそうだ。。。

 

 

 

 

- - -
| 1/1104 | >>